ヴィーガンガイド

ヴィーガン/ベジタリアン~ポータルサイト

About

ヴィーガンレストラン&ベジタリアンレストラン

店舗のご掲載及びお客様のご利用は完全無料です。
全国のヴィーガン/ベジタリアン/プラントベースのレストラン&カフェを、味と接客で店舗の順位を、お店に行く全てのお客様が星の数などで順位を決め、第1位からを三つ星で評価するのがヴィーガンガイドです。それゆえ、正確性が非常に高く、特定の方が一度行って評価されるのとは、格段に違います。

三つ星の意味

星3つ:お店に行くためなら、人生の時間をどれだけ使っても行きたい。

星2つ:お店に行くためなら、どれだけのお金をかけてでも行きたい。

星1つ:このお店なら、優れたお店であることを周りにも伝えたい。

星0:味と接客が悪く星が付けられない。

 

専門店ではなく「対応店」様の場合には、メニュー表の中に、20%を超えるヴィーガン/ベジタリアンの料理の品目が必須(口頭及びヴィーガンに変更可能などの説明は20%には含まれません)であり、それ以下の店舗様のご紹介はできなくなっております。

対応店様は、是非とも欧米諸国と同じように、ヴィーガンメニューと、動物性メニューを分けて頂ければ、リピーターが増えることは、ドイツ、イギリス等々で実証されています。

当ヴィーガンガイドは、掲載されても一定期間規約に則り星の数が無い、星が付いていない=お客様から評価されない(評価についてお客様側が、味と接客で、評価が悪い場合、星は付けられません)店舗は90日で自動で削除されます。

今までに掲載された、ヴイーガンレストランの中には、お客様から評価されないということで、削除された店舗も多くございますので、評価されている店舗のご利用をお勧め申し上げます。

現在、掲載されている店舗様は自信があるから掲載されています。料理と接客に対して、掲載基準を厳しく行わなければ、ヴィーガンやヴィーガンレストランは伸びていかないと思っております。

ヴィーガンレストランのご紹介は元より、ヴィーガン/ベジタリアンに関する事業者様に、お集まり頂くことで、ヴィーガン/ベジタリアン/マクロビ/プラントベースの最新情報を配信しております。

 

食品通販/店頭販売事業者

コスメ/アパレル等の販売事業者

イベント/料理講習会等のご案内

ヴィーガン/動物愛護の活動法人

世界各国の料理とヴィーガン料理

世界を代表する料理には、国ごとの名前が冠についております。
ヴィーガン料理には国名が付いていませんが、その代わりに全世界中の人々が食で繋がるという意味の冠が付く日が来ればと思っております。

ヴィーガンレストラン全国第1位から最大20位までは、お客様の評価によるものであり、信頼性が高いものとなります。

ヴィーガン料理は、お肉やお魚の味に似せることばかりに目を向けるべきでは無いと考えております。
家畜達の命を守る行動に向かうのが目標であるのならば、長い旅路かもしれませんが、そのことを応援をさせて頂いております。

ヴィーガン/ベジタリアン料理対応店舗様におかれては「大量調理施設衛生管理マニュアル(厚生労働省)」を順守し、包丁・まな板は、衛生管理の観点から、食材用途別それぞれ、肉魚用、野菜用、と専門の物を用意し、当サイト掲載店舗様におかれましては、混同しないよう使い分けることを、順守頂いております。

製造工程によるコンタミネーションに関して、そこを反対していたら、未来永劫にヴィーガンになる人は増えないと考えており、対応店舗様の努力を応援して、対応店舗様から専門店舗様になることを、長い時間をかけてでも、見ていきたく思っております。

Vegan / Vegetarian / Plant-based

サスティナブル、エシカル消費、健康志向、プラントベース/ヴィーガン/ベジタリアン/マクロビが注目される昨今、日本でも、ヴィーガン向けの食品やヴィーガンレストラン&カフェが、増えてきています。

全国に広がるヴィーガンレストランカフェでは、動物性食品を一切使っていないことを感じられないような、魅了されるほどのお食事を頂くことが出来るようになっております。

ヴィーガンでない方にも、初めてのヴィーガン/プラントベースのお食事の美味しさに、驚かれ、ヴィーガンレストランを選択して頂けるきっかけになれると思っております。

本サイト制作にご支援頂いた全ての方のお名前をご紹介しております

About Vegan / Vegetarian / Plant-based Restaurant & Cafe

「ヴィーガン/ベジタリアン食は、もともと日本人には備わっていた」

ヴィーガンレストラン/ビーガンレストラン/ベジタリアンレストラン/プラントベースレストランは、今までになく全国へと広がりを見せており、日本の食事や生活において、もともとの基本ベースでは、ベジタリアンであったと言っても過言ではございません。

「プラントベースとヴィーガンレストランのこれから」

プラントベースは菜食をメインとして、ヴィーガン/ベジタリアンは同じ菜食であり、動物性食品や製品を使わずに生きることを選び、動物を守ろうとしています。サステナブル、エシカル消費、健康志向、プラントベースが注目される昨今、日本では、まだまだ少ないけれど、ヴィーガンレストランを探すニーズの高まりがあり必要ではと、ヴィーガン/ベジタリアン/プラントベースのレストラン&カフェ紹介ガイドを公開いたしております

「動物と環境問題を考えた時」

動物や環境に優しくなれたらならば良いなと考えており、お肉を食べる方にヴィーガンを押し付けるなど、ヴィーガニズムに反する言動をする方が少数ですがいらっしゃるようです。それが世の中にヴィーガンやベジタリアンが浸透しない理由と言われ、いかがなものか悩んでいることも確かでございます。

「ヴィーガンは動物性食品を食べる皆様とも仲良くできる」

ヴィーガンはダメと言う皆様に反論などするのはやめて、お肉を食べる方と菜食の方は嗜好の違いで、お肉を食べる方とも仲良くして、互いに理解し合える未来を創ることが出来れば、お肉を好きな方にも、ヴィーガンに興味を持っていただけるのではないかと思っています。

「ヴィーガン料理と健康について」

ヴィーガンのお料理は、心臓病に良いともいわれていますが、その反面でタンパク質やカルシウム等が不足することになります。また、ビタミンB12の不足による肌の劣化にも繋がります。その為、ヴィーガンは老けやすいと言われて、不健康ではないかという研究もあります。ただ、その程度で在り、ヴィーガンのお料理で十分な健康は保たれ、不足するビタミン等は、植物性サプリで十分補えるので、ビタミン12もヴィーガンの方は必ず摂取していただきたいと思います。

「SDGsや環境を重視すると、ヴィーガンに辿り着く」

ヴィーガンの食事は、ベジタリアンや食物アレルギー、生活習慣病、嗜好など、多様化する世界の食のライフスタイルを考える時、食のバリアフリーを実現する要素を含みます。これからの時代に、SDGsや環境を重視する国内外の動きが加速していくと見込まれ、質素な食卓に見えても、植物由来の生活は心と体がきれいになり、満たされ豊かに生きる家庭を作ることにつながるのではないかと考えております。

「家畜/動物を助けたい想いは、環境問題に取りくむことに繋がっている」

日本でヴィーガンを広めたい方々、プラントベースを広げたい皆様、今が大切な時です。協力し合って、動物/家畜にも人にも優しくできる世界を作りませんか。愛する人が健康であってほしい、家畜/動物を助けたい、環境問題に取りくみたい、その足掛かりになるという考えで一緒になり進めていくことができれば幸いでございます。

「日本政府の取り組みとプラントベース」

日本政府はプラントベースフード食品表示の明確化を発表いたしました。 消費者庁のサイトにプラントベース食品の基準を設ける(肉不使用などの明記)内容が掲載されました。
プラントベース食品等の表示に関するQ&A(https://www.caa.go.jp/notice/other/plant_based/
これらのことを受けて沢山の日本の大手企業が、植物性のお肉(代替肉・大豆ミート)の開発販売に乗り出してきました。

「私たちの取り組み」

ヴィーガンレストラン/ビーガンレストラン/ベジタリアンレストラン/プラントベースの店舗様を、私たちは動物を殺さないという考え方から、完全無料で応援させて頂いております。
そのような中で、生まれたのが、ヴィーガン/ベジタリアン/プラントベース・レストラン紹介サイトになります。
今この時期こそ、プラントベースや・ヴィーガン・ベジリアン・菜食の皆様が協力し合えば、ヴィーガンレストラン紹介サイトが、Big Waveを起こすことができるかもしれません。